レーシックとiclの手術料金を比較!手術後もお金がかかります

レーシックやiclの手術って、やはり高額なのでしょうか?

どのくらいの治療費、手術費用がかかるものなのか調べてみました。

・レーシックやiclの手術費用について

レーシックやiclなどの視力矯正手術は、近視や乱視が病気ではないので健康保険の適応外なのが大きなデメリット。

レーシックに関しては、施術出来る医療機関もだいぶ増えていて、費用も下落気味になっていたりもします。

ですが一般的な費用からあまりにも安いのも、少し不安ですよね。

レーシックの相場は20万から30万ほどでしょう。

iclは日本眼科学会に認定されている専門医で、さらにiclの研修を受けた医師か居る、icl認定クリニックのみでしか実施されません。

しかもオーダーメイドの眼内レンズを作ることもあって、レーシックの倍ほどの費用が掛かります。

相場は50万から100万近いところもあるようです。

大切な眼のことなので、値段だけに左右されずに、自分がしっかりと納得して信頼出来るクリニックを選ぶようにしましょうね。

健康保険は適応外だけど、医療費控除に適応する場合と、医療保険がおりる場合がありますよ。

自分の医療保健を確認してみて下さいね。

それと、領収証はきっちりと受け取り保管しましょう。

・レーシック、icl術後のケアに必要な金額

レーシックやiclなどの視力矯正で回復した視力には、もうメガネやコンタクトレンズは要らないはずです。

毎日面倒だった、コンタクトレンズのお手入れからも解放されます。

レーシックには近視戻りの可能性もありますが、iclでは近視戻りも少なく、長期安定が期待できます。

コンタクトレンズ使用者は、年間で6万以上のコンタクトレンズ代が掛かっていると言われています。

だとしたら、レーシックなら5年、iclなら10年で手術代は回収されちゃいますね。

この先もまだ出費のはずだった、メガネやコンタクトレンズの費用を楽しむことに使えちゃいます。

クリニックによって、術後の保証制度や内容なども違って来るので、良く確認するようにしましょう。

レーシックもiclも定期検診などはありますから、それはちゃんと通いましょうね。

レーシックやiclの手術を考えているのなら、どこのクリニックを選ぶのかも重要ですね。

信頼出来る専門医で、安心して受けるようにして下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする