レーシックとiclの手術方法・手術時間を比較!

近視や乱視でメガネやコンタクトが手放せない。

そんな人におすすめ、視力矯正のレーシックやiclを知っていますか?

どんな手術なのか、どんなことをするのか、そんな疑問や不安を解消しますね。

・レーシックとiclの手術方法

レーシックやiclの手術のやり方を簡単に説明しましょう。

近視とは、通常なら網膜でピッタリとピントが合う屈折が、角膜のカーブが歪むことで網膜の手前でピントが合ってしまう屈折状態。

その歪んだ角膜のカーブを、レーザーで削り、焦点を合わせるのがレーシック矯正です。

麻酔をしてから角膜でフラップと呼ばれるふたを作り、フラップをめくりながら中を削って、カーブを矯正してからフラップを戻します。

フラップは自然に角膜に戻って行くのです。

iclは、角膜の奥にある虹彩と水晶体の間にレンズを挿入します。

角膜を3ミリほど切開して、折り畳まれた眼内レンズをその切り口から入れます。

レンズは間もなく、自然に水晶体に添って開かれます。

コンタクトレンズを使っている人なら、原理は解りやすいと思います。

眼内の固定される場所に、永久コンタクトレンズを装着すると言うことですね。

レーシックとiclでは、同じ視力矯正手術でも、内容は全く違うのですね。

・手術時間は?レーシックとiclの回復について

レーシックもiclも、共に手術時間は20分程度でさほど変わりはありません。

両方とも入院の必要もなく、日帰り手術になります。

でも、手術をしたのですから病院を出た後も安静は必要です。

前後の準備や検査、安定時間を考えたら、半日はゆっくりしてから起きましょうね。

直後は麻酔が効いていることもあり、ぼんやりする人がほとんどですが時間と共に鮮明になって来るはずです。

レーシックではハローグレア現象と言って、いつもより光が眩しく感じたり、輪のようなものが掛かって見えたりするリスクがあります。

次第に治まって来るとは言われていますが、iclにはそのハローグレア現象も少なく、治まる時間も短いようですよ。

レーシックにもiclにも、後日に経過検査や定期検診があります。

大事な眼なので、サボらずにちゃんと通院して下さいね。

短時間の短い手術でも、やっぱりドキドキで緊張すると思います。

自分が良く理解してから決めるようにしましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする