iclはレーシックを受けた後でも手術できる?

iclやレーシックは、矯正方法が違うタイプの視力矯正手術のことです。

その違うタイプの手術で、レーシックを受けた後でもiclはできるのでしょうか?

iclとレーシックを比較して、まとめてみました。

・iclとレーシックの違い

レーシックは、自分の角膜を削って眼の屈折を矯正する方法。

iclは、眼内レンズを入れて矯正する方法

言ってみれば、維持費のかからない永久コンタクトレンズですね。

コンタクトレンズの買い替えも、洗浄のお手入れも必要なくなります。

眼の中にレンズを入れてしまうなんて、大丈夫かな?と心配される人も居るでしょう。

眼内レンズはオーダーメイドで、生体適合性の高い素材で作られています。

そのため、異物感もなく安全です。

レーシックの角膜を削る方が、怖いかもしれませんね。

でもiclもレーシックも、しっかり点眼麻酔されますから痛みはないし傷も小さく目立たないですよ。

ただiclなら万が一の時は、レンズを外して元の目に戻すことができますが、レーシックで一度削った角膜は元には戻りません。

視力矯正を考えている人は、その点を良く考えて選んで下さいね。

・iclはレーシックを受けた後でも受けられる?

iclはレーシックで削る角膜より奥にある、虹彩と水晶体の間に眼内レンズを入れる手術です。

なので、レーシックで削られた角膜は関係ないので、レーシックの後でもiclは受けられます。

レーシックの手術後に、もしまた視力の低下があった場合、もうハードコンタクトレンズは使用出来なくなるケースが多いのです。

レーシックの後遺症でドライアイが起きていたら、ソフトコンタクトレンズも危ういですね。

iclはレーシックよりも新しい矯正技術なので、レーシックほどの症例数がないのが難点になります。

それでも以前にレーシックを受けていて、今iclを受けたいと言う声はたくさんあります。

レーシックには、長期的に視力が安定しにくいと言うデメリットがあって、レーシック手術の後にiclを受けたいと言う人は多いのですね。

iclだったら、もしも視力の低下が起きた場合でも、レンズを取り替えれば、また視力は回復しますよ。

メガネやコンタクトレンズなしの裸眼で見える生活は、きっと感激するでしょう。

視力矯正手術は、早い人ではその日からクッキリと見えると実感するケースもありますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする