レーシックとiclを比較!視力をより回復するのはどっち?

視力回復の矯正手術、iclとレーシックを徹底的に比較してみました。

人それぞれに、不安や悩みは違うかと思いますが、あなたに合う視力回復法はどっちでしょう。

・iclとレーシックの根本的な違い

一般的に日本人に一番多いのは、近視ですよね。

近視とは、角膜や水晶体が歪んでピントが網膜の手前で合ってしまう屈折状態です。

その屈折異常を角膜を削って矯正するのがレーシック、角膜の奥の虹彩と水晶体の間に眼内レンズを入れるのがicl。

根本的に方法が違うのですね。

角膜を削るレーシックでは、近視状態の度合いや角膜の厚さなどが、適応範囲であることが矯正出来る条件になります。

iclは永久コンタクトレンズを眼内に入れるイメージなので、体に不適切な病気などがない限りは、強度の近視でも可能なのです。

角膜を削ることに抵抗を感じる人は、iclなら安心して受けられますね。

そして何より、iclはレーシックよりも新しい治療法なのです。

・より鮮明なのはiclとレーシックどっち?

レーシックでの視力矯正は、近視戻りと言う、また視力が落ちてしまうことがあります。

iclなら近視戻りは少なく、長期に渡って視力をキープすることが出来ますよ。

角膜を削らないiclは、角膜の歪む不正乱視も抑えられて裸眼での見え方はレーシックよりも質が良く、よりクリアな視界を実現してくれます。

ハードコンタクトレンズ装着時と同じような見え方でしょう。

せっかく視力矯正して裸眼視力を手に入れるのなら、より鮮明で綺麗な視界が良いですよね。

iclとレーシックなら、クオリティの高いiclを選ぶ方が増えているようですよ。

・iclとレーシックの視力回復

手術時間はiclもレーシックもさほど差はなくて、両目で20分から30分ほどで終わります。

早い人では、直後に裸眼の鮮明さを感じることが出来ちゃいます。

入院の必要もなくその日のうちに帰宅できますが、安定するまでは暫く時間が掛かるので、時間はたっぷり取りましょう。

視力矯正のリスクとして、ハローグレア現象と言う光が眩しかったり、光に輪が掛かって見えたりすることがあります。

屈折を矯正された眼がビックリしてる状態ですね。

これはレーシックでもフラップが回復すれば、次第に治まっては来ますから安心して下さいね。

iclでは、そのハローグレア現象は少なく、時間も最小限で抑えることが出来ます。

それ以外には、レーシックでは角膜を削ることでドライアイなどを発症する場合があります。

視力とは、日々の生活においてとても大切です。

調子の悪いままで居ると、体の不調にも繋がりますね。

iclはレーシックより、さらに幅広く安全と安心を備えて開発された画期的な技術なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする