icl・レーシックの危険性「ドライアイ・ハロー・グレア」って?

iclやレーシックでのハローグレアって知っていますか?

矯正手術によっての合併症などのリスクについて、知識を持っておくことは大切です。

・iclやレーシック、矯正手術のリスク

iclやレーシックでの一番考えられる合併症は、ハローグレア現象になります。

光の具合が眩しく感じたり、視界に輪がかかって見えたり、時にはにじんでしまったりする症状です。

急に明るい所を見た時に、眼が眩んだりしますよね。

それと同じような原理で、今までとピントの合う場合がずれたことで、眼が反応してしまっている状態なのです。

レーシックでは角膜を削ってしまうので、ハローグレアも激しく起こりなかなか落ち着かない場合もあります。

iclは眼内にレンズを入れる矯正方法なので、ハローグレアが起きても短時間で、眼が慣れる頃には落ち着く人がほとんどです。

角膜を薄く削ってしまうレーシックでは、削る時に周辺の細かい神経を切ってしまうことから、ドライアイにもなりやすいのです。

これらの合併症が3ヶ月以上続く場合は、手術したクリニックに相談するようにしましょう。

・視力低下?iclやレーシックをしても近視になるの?

とても気になるのが、再度の視力低下ですよね。

高額な金額を払ってiclやレーシック手術をしても、また近視になってしまうのはショッキングですね。

でも残念なことに、レーシックでの近視戻りは多いようです。

元々レーシックは、角膜のカーブを削って調整しています。

術後に眼を酷使する生活が続くと、再び矯正したカーブが歪んでしまうケースがあるのですね。

削られた角膜に再生力が働き、元の状態に戻ろうとすることも考えられます。

レーシックは、それも見越して多めに削るそうなのですが、人間の治癒力って凄いですね。

iclにはこのような原因での近視戻りは少なく、眼の酷使によるものや、老眼によるものなどがあげられます。

生きている限りは、眼の衰退は避けられないと言うことなのでしょう。

iclやレーシックは、魔法ではないので万能ではないと言うことです。

視力を維持していくには術後の私生活、習慣も大切なのですね。

iclやレーシックで視力を回復させたら、視力低下を起こさないように日頃から健康面にも気を付けて注意しましょうね。

そして素敵な裸眼生活を長く楽しんで下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする