レーシックとiclを比較!値段が安いのはどっち?

視力の矯正が出来るiclやレーシックを知っていますか?

メガネやコンタクトレンズを使わなくても、裸眼で見えるようになるなんて、やはり費用は高額なのでしょうか。

iclとレーシックの金額の差を比べてみましょう。

・iclやレーシックとはどんな治療法?

最近良く耳にするようになったiclですが、レーシックと何が違うのでしょう?

レーシックは、自分の角膜をレーザーで削り視力を矯正するのに対し、iclは目の中に眼内コンタクトレンズを埋め込む矯正方法なのです。

自分の角膜を削るのはちょっと怖い、と思っていた人には、画期的な最新治療法ですよね。

眼内レンズは、ソフトコンタクトレンズのような柔らかい素材で、3ミリメートルほどの小さい切開で挿入出来るので傷痕も気になりませんね。

もちろん普通のコンタクトレンズのように、洗浄などのお手入れは必要なく劣化の心配もないそうですよ。

今までに角膜が薄いことや、強度の近視でレーシックを受けられなかった人でも、iclなら受けられます。

iclやレーシックでのリスクとして、術後のハローグレアと言う光が強く感じたり輪が見えたりする現象があげられますが、iclにはハローグレア現象も少ないようです。

・iclとレーシックを価格比較

視力矯正治療のお値段は、高そうですね。

手術するのですから、やはりそれなりに費用は掛かるみたいです。

iclとレーシックでは、費用が安いのはレーシック矯正です。

レーシックの中でもランクや保証期間で差があり、片眼で100,000円くらいから400,000円くらいとなっています。

と言うことは、最新治療法のiclはどのくらいなのでしょう。

iclはレーシックの倍くらいの費用が掛かるみたいです。

でも視力が悪く、ずっとメガネやコンタクトレンズを買い続けることを考えたら、これは安いと言えますよね。

iclとレーシックの大きな違いは、iclならもしも後々に障害があるような場合は、レンズを外して対処できると言うことです。

眼内レンズを取り外してしまえば、元通りの視力の悪かった自分に戻せてしまいます。

毎日コンタクトレンズを洗浄する手間もなくなると思えば、決して高いとは感じないのではないでしょうか。

ちなみに健康保険は非対応ですが、医療保険は対応している所もあるようなので、矯正治療を考えている人はチェックしてみて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする