乱視がある人は、iclとレーシックどっちがおすすめ?

近視の人なら一度は耳にしたことがある、レーシック矯正とicl矯正。

でもどっちが良いのか、いまいちわからないと言う人も多いでしょう。

乱視がある人におすすめなのは、レーシックとiclのどっちなのでしょうか?

・レーシックとiclの手術部所の違い

近年、近視は矯正手術と言う方法で治療されて、夢の裸眼生活が手に入れられるようになりましたね。

名前は良く聞くのだけれど、レーシックとiclとでは矯正方法が全く違うのです。

レーシックとは、眼の表面の外眼部にある角膜を削って屈折を矯正する方法です。

一方iclは内眼部にある角膜よりも、もっと奥の虹彩と水晶体の間に、眼内レンズを入れて矯正する方法なのです。

角膜を削るレーシックでは、強い近視や乱視の場合、削る量が多くなります。

あまり多く削ると、視力が回復してもクリアに見えないことがあるかもしれないみたいですよ。

・乱視におすすめはレーシック?icl?

レーシックでも乱視矯正は可能ですが、やはりおすすめはiclですね。

乱視の場合は、角膜を削る度合いも近視とは少し違うので、iclの眼内レンズの方がピントは合わせやすいのです。

そもそも乱視とは、丸い水晶体の歪みが原因で屈折異常を起こして、どこにもピントな合わない状態なので目が疲れやすいと言う特徴がありますね。

そんな乱視を矯正すれば、疲れ眼や伴う症状から解放されるでしょう。

乱視と近視が混ざっている人は、レーシックよりもiclの方が安心して受けられるのではないでしょうか。

・長期安定ならレーシックよりicl

レーシックには近視戻りと言う、いずれまた近視になってしまう可能性もあるのです。

乱視にも多少ながら、同じことが言えますね。

削ってしまった角膜だと、もう元には戻らないので、再度削るかiclか我慢するか。

コンタクトが使えれば良いのですけど、レーシックの後遺症でドライアイなどが起こっていたら、コンタクトも使用出来ません。

iclならば、もしそんなことになっても、新しいレンズと入れ替えれば視力は回復します。

何か身体的に障害や病気になってしまった場合でも、取り外して元の眼に戻せるのが最大のメリットですね。

レーシックとiclで比較した場合、長期安定で近視戻りや後遺症の心配が少ないのはiclでしょう。

いずれ将来的に、iclの老眼対応のレンズも開発されたら嬉しい話ですよね。

レーシックやiclは夢の裸眼生活、クッキリ見える感動を味わえる矯正方法だと言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする